睡眠音楽

バイノーラル録音で「その場にいるような音」を楽しむ録音方法と機材

その場にいるような距離感で音を楽しめるバイノーラル録音の仕組みと、一般人でも集められる収録機材をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

27,366

views

バイノーラル録音で立体音響を楽しむバイノーラル録音で収録した『音』に癒されてしまうユーザーが急増しています。

バイノーラル録音とは、マイクを耳の位置で録音して、イヤホン・ヘッドホンで再生すると、リアルな距離感の「その場にいるような音」を楽しむことが出来る音響技術です。

これにより、例えばライブに参加しているように音楽を聞くことが出来たり、ボイスドラマなどで実際にキャラクターの距離感を感じることが出来たりします。

そこで今回は、バイノーラル録音の仕組みと、一般人でもバイノーラル録音が出来る機材をご紹介します。

バイノーラル録音とは

バイノーラル録音とは、左右の耳にマイクを設置して録音する方法のことです。
実際に聞いてみると、『どこで音が鳴っているか』の距離感がわかるような音を体感できます。

まるでその場に居合わせているような音を楽しむことが出来る録音方法です。

『バイノーラル』の『バイ』は日本語でいうと「双」を意味します。
ちなみに、単一を意味するモノは『モノラル』です。

つまり、モノラルの対義語がバイノーラルなのです。

ステレオ音源との違いは、再生機材との違い

さて、バイノーラルの対義語は『モノラル』だと説明しました。
『モノラルの対義語はステレオじゃないの?』と疑問に思った方がいると思いますので、解説します。

ステレオもバイノーラルも、2chで音を楽しむ方法です。
chは『チャンネル』と読み、スピーカーの1台に付き1chとカウントします。

もちろんステレオでもパンニングといって、編集で音を左右に降ることが出来ます。

しかし、バイノーラル録音はパンを降るのではなく、左右の耳に入ってくる音を、実際の距離感で聞くことが出来るのです。

音響工学的上では、下の図のような分類になります。基本的に、録音機材と再生機材の使い方によって分類されています。

音響工学の分類

画像作成:耳福庵

バイノーラル録音をする方法

バイノーラル録音を実際に自分でもしてみたい、とお考えの方もいると思います。

最近では制作ハードルも下がり、動画共有サイトではバイノーラル録音を使った一般投稿者の動画が人気を博しています。

バイノーラル録音に使う機材は、大きく2種類あります。

  • バイノーラル録音マイク
  • プラグインパワー対応のICレコーダー

この2つが今、アマゾンなどで安く手に入る時代になっています。

まず、バイノーラル録音マイクですが、こちらも2種類の型があります。

  1. ダミーヘッド型
  2. イヤホン型

それでは、バイノーラル録音マイクについてひとつずつ解説していきます。

1.ダミーヘッド型

その名の通り、人の頭を模したダミーの頭の耳にマイクを仕込み、
立体的に音を収録するマイクです。俗に『偽耳』と呼ばれています。

ノイマン社のKU100

ノイマン社のダミーヘッドマイク画像引用元:楽天市場

 

このモデルは元々一般流通しているものではなく、価格も非常に高価です。
ノイマン社のダミーヘッドマイクは、立体音響で収録された音声作品CDで有名になりましたが、機材は100万円します。

3Dio社のFree Space

3Dio社のFree Space

画像引用元:3Dio Free Space

先ほどのモデルよりも比較的廉価で求めやすいバイノーラルマイクです。

YouTubeで流行しているASMR動画で、お目にかかることが多いと思います。

また、国内ではサカナクションがこのマイクを使った音楽作品で有名です。

2.イヤホン型

一方で、実際に自分の耳にマイクを取り付けるバイノーラル録音マイクもあります。

ダミーヘッド型よりも比較的安く購入することが出来ます。

Adphox BME-200 フィールドレコーディング

Adphox BME-200 フィールドレコーディング

画像引用元:アマゾン

こちらはアマゾンで売られている『Adphox BME-200 フィールドレコーディング』というイヤホン一体型のバイノーラルマイクです。価格は21,600円(2016年2月時点)です。

Roland ローランド バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM

Roland ローランド バイノーラル マイクロホン イヤホン CS-10EM

画像引用元:アマゾン

こちらは先ほどのものより廉価なローランド社のバイノーラルマイクです。

耳福庵でも購入をしたことがあり、7,600円で購入いたしました。(2016年1月時点)

ローランドの入力端子と出力端子

市販されているバイノーラルマイクの特徴としては、入力端子と出力端子があるので、
自分で音を聞きながらバイノーラル録音を出来る最大のメリットがあります。

バイノーラル録音マイクの自作方法

バイノーラルマイクを自作する実はイヤホンがあれば、バイノーラル録音マイクを自作することが出来ます。

100円均一のイヤホンを分解し、スピーカーをマイクロフォンに付け替えるだけで完成します。
(具体的な作り方は、バイノーラルマイク自作の記事をご覧ください)

ただし自作するバイノーラルマイクの欠点は、以下の2つです。

  • はんだ付けに慣れていないとノイズが発生する
  • 自分で音を聞きながら録音できない

ですので、バイノーラル録音を試す際は、まずはローランド社のバイノーラルマイクをオススメします。

バイノーラル録音を収録できるプラグインパワー対応のレコーダー

バイノーラルマイクで録音をすることができても、レコーダー側がLRで録音できなければ意味がありません。

最近のICレコーダーは、多くが「プラグインパワー」に対応しているので、左右の音に対応しています。

ただし、スマホは録音機能がモノラルにしか対応してない機種があるので、バイノーラル録音が出来ないという場合があります。

YouTubeで立体音響動画が流行りだした理由

現在、YouTubeではささやき声や生活音をバイノーラル録音した、『ASMR動画』が流行しています。

しかし、バイノーラル録音に代表される立体音響は、ニコニコ動画で早く取り上げられ話題になっていました。

元々ニコニコ動画で「音フェチ」「声フェチ」などのタグが付けられた動画が既に存在しており、
海外でASMR動画が流行して、国内に輸入されたとき、安易にASMR=音フェチという図式で結びつくことになります。

何故、このような時間差が起こったのでしょうか。

最大の要因は、元々YouTubeが2chに対応していなかった。
つまり、立体音響を聞けなかったことです。

2009年まで、YouTubeに投稿される動画の音声は1chのみでした。
というのも、投稿された動画はYouTube側で圧縮され、ステレオ音源はモノラル音源に圧縮されていたのです。

一方で、ニコニコ動画は早くからステレオに対応していたので、こうした立体音響の動画が流行したと考えられます。

バイノーラル録音は、イヤホン・ヘッドホンに特化した録音方法

今や、ほとんどの人がイヤホンやヘッドホンで音楽を聴く時代になっています。

イヤホン・ヘッドホンでの再生に特化したバイノーラル録音が、こうして注目を集めるようになったのは、
30年以上前からある技術がようやく時代に追いついたと言っても過言ではないでしょう。

バイノーラル録音に興味のある方の参考になれば幸いです。