睡眠音楽

ASMRとは?|頭がぼーっとして気持ち良くなる現象のこと

「ASMR」は正確な日本語訳がないので、正しい理解がされていません。単純にASMR=音フェチというわけではないのです。そこでこの記事では、そもそも「ASMR」とは何なのかをご説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21,787

views

ASMRとは気持ちよくなる現象のこと

画像提供:djandyw.com

「ASMR動画」をご存知でしょうか?

例えば、次のような動画を見たことはありませんか。

  • こしょこしょ囁く声
  • かたかた爪で鳴らすネイルタッピング
  • ペラペラ紙をめくる音
  • チャプチャプした水の音
  • 耳の中をかりかりする耳掃除の音

ついつい聞いているとリラックスしてしまうサウンドを撮影した動画は、ASMR動画と呼ばれて、YouTubeなどの動画共有サイトで人気を博しています。

かつて、こういった動画は国内で「音フェチ動画」と呼ばれていました。
しかし、この「ASMR」は正確な日本語訳がないので、正しい理解がされていません。

単純にASMR=音フェチではないのです。

そこでこの記事では、そもそも「ASMR」とは何なのかをご説明します。

ASMRとは、ぼーっとして気持ち良くなる「現象」のこと

ASMR動画というのは、生活音やささやき声など、耳に心地よい音や声が収録されている動画です。

「ASMR」という英語は、「Autonomous Sensory Meridian Response」の略称で、
直訳すると「自律的な感覚の絶頂的反応」になります。
しかし、これでは、何のことだかよくわかりませんね。

大雑把に意訳をすれば次のように定義できます

好みの音や映像によって、頭がぼーっとして気持ち良くなっている『状態』

実際に次の動画をご覧ください。

動画の中で、ASMRとは「脳味噌の後ろ側がぞわぞわしたり、くすぐられているような感覚」と言ってます。

ASMRの別名からわかるのは、ASMRは「現象」であるということ

音や映像によって、頭がぼーっとして気持ち良くなる現象そのものは、
海外で注目されていました。下記は、呼び名が「ASMR」に統一される前の呼び名です。

「brain orgasm」(脳のオーガズム)
「brain massage」(脳のマッサージ)
「head tingle」(頭のうずき)
「brain tingles」(脳のうずき)
「head orgasm」(頭のオーガズム)
「spine tingle」(脊椎のうずき)
「braingasm」(brain 脳+orgasm オーガズム)

引用元:wikipedia

こうしてみると、ASMRと呼ばれる現象の全体像が把握できます。

  • 頭から背骨にかけてゾクゾクした刺激が走る
  • ぼーっとして、気持ち良くなる

こうした身体感覚のことを指す「状態」が、ASMRなのです。

そこで、ASMRを次のように理解をすると非常にわかりやすいと思います。  

  • ASMR=頭がぼーっとなって気持ち良くなっている状態
  • ASMR動画=気持ち良くなるゾクゾクした刺激を起こすための心地よい音を撮った動画

ASMRと『音』の関係

ASMRというのが状態(現象)を指す言葉だというのが、ここまでの説明です。
では、この状態にどのように『音』が関わってくるのでしょうか。

例えば、ASMR動画ではこういう音が収録されています。

  • ささやき声
  • 耳かきの音
  • マッサージの音
  • 布の生地をなでる音

おそらく、日常的にいつまでも聞いていられるような音ではありませんか?

海外のASMR動画では音(と映像)を『トリガー』と表記しています。
自分がどのトリガーで気持ちよくなれるのかを理解しておくことが、ASMR動画を検索する上で重要です。

「ASMR動画」が流行る前の国内の音フェチ動画

この「ASMR」という言葉が国内でも認知されるようになったのは2012~2013年頃です。
では、それまで国内にはASMR動画が無かったのでしょうか。

答えはノーです。

実は「ASMR動画」と呼ばれる以前からリラックスサウンドを収録した動画は存在していました。
それらの動画は、

  • 音フェチ動画
  • 声フェチ動画
  • 耳かきボイス
  • 真面目マッサージ

という名前で、それぞれが独立したジャンルとして存在していたのです。

現在では、『ASMR』という言葉は外国人向けに記載されたり、
音フェチ・声フェチ動画をひとくくりにする総称として使われるようになりました。

そうした、国産の音フェチ・声フェチ動画の代表的なものを挙げると、「耳かきボイス」があります。

耳かきボイスとは、耳かきの演技する動画


耳かきボイスは、耳かきの音としている人のロールプレイ(演技)を楽しむという動画です。
この動画は、古いもので2010年からその存在が確認できます。

「耳かきボイス」は名前のとおり、「耳かきの音」や「耳かきをする声」といった内容そのものを指しています。
これを聞いたことによって起こる身体現象(ASMR)に結びついているとは考えられていなかったのです。

現在でも、「耳かきボイス」として投稿される作品は多数存在します。 

参照:耳かき動画の比較|YouTubeとニコニコ動画の違い

ASMR動画は、映像が重要

「ASMR」というキーワードが浸透するにしたがって、日本では音や声に特化した
リラックスサウンド全体が「ASMR動画」と総称されるようになってきています。

しかし、ASMR動画と音フェチ動画ではイメージに大きな違いがあります。

ASMR動画は、音に限定せずに、映像情報もASMR状態へ導入する上で重要な要素です。
例えば、耳かきボイスの場合、本来耳の中は自分では見えない領域なので、音だけでも十分な疑似体験が出来ます。

しかし、ささやき声はどうでしょう。
突然、耳元から聞こえたらびっくりしますよね。

また、マッサージ動画はどうでしょうか。
音だけ聞いていても、何の音かわからなくなってしまいますよね。

このように、ASMR動画で気持ち良くなるためには、

  • 何から鳴っている音か
  • どういう状況で鳴っている音か

こうした視覚の情報も、重要な要素になります。

ASMRには個人差がある

さて、ひとつ注意しておきたいのは、ASMRのA(Autonomous)は、「個人差がある」という意味です。

例えば、ASMR動画には「咀嚼音」に特化した動画があります。これは、何かを食べている音や様子に癒される動画ですが、人によって「音を立てながら物を食べている様子なんて、生理的に無理!」と感じる人もいます。

また、こしょこしょ囁く声を例にとっても、「あの人の喋り方が特別好き」という感想を抱くこともあります。

このように、すべてのASMR動画が、万人に気持ち良い状態を引き起こすわけではないということです。

ASMRはまだまだ科学的に証明されていない現象

シェフェールド大学のトム・スタッフォード教授はインデペンデント紙において、
「ASMRは実在の事象であろうが、これを本質的に証明するのは難しい」と書いています。

動画によって個人差が生じてしまい、科学的に検証することが難しいのです。  

ただし、海外の科学者の個人ブログなどで見解は多く述べられており、
一説には共感覚の一種ではないかという説もあります。

投稿されているASMR動画のおすすめ

それでは、ASMR動画をいくつか紹介します。YouTubeに投稿されている
ASMR動画の数は200万を超えています。その一部を紹介します。

maria

こちらも、先ほどご紹介した弓熟ユキノさんのように、「ASMR動画とは何か」について説明している動画です。
外国の動画投稿者の多くは、彼女の影響を受けているといっても過言ではありません。

はとむぎさん

日本国内にもASMR動画の投稿者が多数存在します。
はとむぎさんはその1人で、幅広く様々な音を収録した動画を投稿しています。

華凛さん

華凛さんは雑誌やテレビなどでも紹介されるASMR動画投稿者です。
ASMR動画や音フェチ動画が紹介されるときに、華凛さんの動画が知るきっかけになっているケースは非常に多いと思います。

自分に合うASMR動画を見つけるのは「運命の出会い」

いかがでしたか。 今後もこうしたASMR動画は国内海外問わずに増えていくと考えられます。
それは、どの音を気持ち良いと思うかは個々人によって違う上に、投稿者によってもそれぞれ出せる音が違うからです。

この記事で紹介したASMR動画以外にも、「この音が好き」や、「この声は素敵だ」と思える動画に出会えるかもしれません。それはおそらく、運命の出会いといえるでしょう。

ASMRは頭が気持ち良くなる「現象」を指す言葉であり、そのためのきっかけは『個人差』があるからです。

ASMRを効率的に体験する方法もし、この記事でASMR動画や、「頭がぼーっとして気持ちよくなる現象」に興味を持ってくれたら、

ASMR動画の見方「脳がとろける」体験をするための8つのポイント

という記事で、ASMR動画で効果的にリラックスするための8つの方法を紹介ししていますので、参考にしてみてください。