睡眠音楽

おすすめASMR動画を検索するときの5つの探し方

おすすめのASMR動画を探すとき、国内内・海外を含めて、動画共有サイトでは200万以上の動画があって、どれを観ればいいのかわからない! とお悩みではないでしょうか。この記事では、おすすめASMR動画を探すときの5つの方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20,125

views

おすすめASMR動画の探し方

著作者: Updullah (改変 gatag.net)

今、日本ではASMR動画と呼ばれる、気持ち良い音を録音した動画が大流行しています。

一般的には、生活音や静かな音声をBGM無しで流している動画で、
ASMR動画を見ていると、

  • 癒される
  • 眠くなる

と言った感想が述べられています。

しかし、国内・海外を含めて、動画共有サイトでは200万以上の動画があって、
どれを観ればいいのかわからない! とお悩みではないでしょうか。

そこで、様々なASMR動画を取り扱ってきた耳福庵のASMR動画の探し方をご紹介します。

1.自分の好きな音を見つける

ASMRという言葉は、気持ち良い音で頭がぼーっとなってしまう『現象』を意味しています。
その状態に導入するために、『気持ち良い音』を聴く事が最も効果的なのです。

この『気持ち良い音』をトリガーと呼びます。

例えば、ASMR動画には『咀嚼音』に特化した動画がありますが、
「人が何かを食べている様子なんて、生理的に無理!」
という方は、咀嚼音はトリガーにならないわけです。

参考:「ASMRとは?|頭がぼーっとして気持ち良くなる現象のこと

(ちなみに筆者は、基本的に『咀嚼音』が大好きです)

まずは自分の好きな音、トリガーを見つけることをおすすめします。

ささやき声(whisper)

耳かき音(ear cleaning)

マッサージ音(massage)

様々なトリガー

上記3つは有名なトリガーですが、他にも

  • 料理
  • メイクポーチ
  • シャンプー
  • 水の音
  • ネイルタッピング
  • キーボードタイピング
  • 書く音
  • 紙をめくる音
  • 朗読・音読

等など、様々な音声があります。

2.好きな投稿者に出会う

誰がその音を出しているのか、というのも重要です。

声は個人差が現れる特有のものです。
「あの人のしゃべり方が大好き!」
と思える人を見つけることもおすすめです。

海外のASMR動画では、『投稿者の関心』が非常に重要な要素になっています。

例えば、メイクアップをしてくれるロールプレイ動画では、その投稿者の知識や趣味がダイレクトに表現されます。
「その人らしさ」を感じられる『個人的感』が、ASMR動画で気持ちよくなるためには重要な要素です。

GentleWhispering

世界的に有名なASMR動画投稿者である、マリアさんです。
チャンネル再生回数は、1億8000回を突破している大御所です。

MassageASMR

 

投稿者のドミトリーさんはオーストラリア在住で、こうしたマッサージ動画を数多く投稿しています。
自分がされているわけじゃないのに、プロの手つきでマッサージをされて気持ちよさそうな様子を見ているだけで、自分も癒されてしまいます。

뽀모 PPOMO

ASMR動画は日本や英語圏だけでなく、韓国でも流行しています。
ポモさんは、韓国で有名なASMR動画の投稿者の1人です。ASMR動画だけでなく、ゲーム実況動画も投稿しています。

日本人の投稿者

日本人のASMR動画投稿者

「ASMR」というキーワードが流行する以前から、
日本には「音フェチ動画」というものが流行っていた過去があり、
国内にも動画の投稿者は日本にも数多くいます。

総再生回数100万回以上の日本の投稿者を7名紹介』の記事にまとめていますのでそちらをご覧ください。

3.他のウェブサイトのおすすめまとめを参考にする

『ASMR』というキーワードが有名になり、メディアサイトやまとめサイトで紹介される機会が増えました。
特に、ライターが自由に記事を書けるキュレーションメディアでは、趣味嗜好が直接反映されることが多いので、
いろんな人がおすすめするASMR動画を探すことが出来きます。

様々なメディアサイトのASMR動画おすすめまとめ

4.「ASMR」以外のキーワードで探す

国内でASMRというキーワードが流行し始めるのが、2012~2013年頃です。
それ以前は、

  • 耳かきボイス
  • 真面目マッサージ
  • こしょこしょ動画
  • 羊でおやすみシリーズ

というような、それぞれが独立した名前で存在していました。
これらは後に、ASMRというキーワードに総称される1ジャンルと言う位置づけになります。

こういったキーワードで検索をすると、古い動画から、自分好みの音を探すことが出来るかもしれません。

5.YouTube以外のサイトで検索する

また、YouTube以外のサイトにもASMR動画や音フェチコンテンツを共有しているサイトがあります。

ニコニコ動画

会員制のニコニコ動画では、ASMRというキーワードが流行する前から、
「音フェチ動画」「声フェチ動画」といった動画が流行していました。

SoundCloud

2007年に開始した音楽共有サービスです。

SoundCloudでは、誰でも自作の音楽を投稿できて誰でも音楽をダウンロードできます。

音楽がメインコンテンツなのですが、音に特化したASMR音源を検索することも出来ます。

DLsite.com

また映像ではないのですが、DLsite.comというサイトでは、
mp3などの音声データでこういった癒される音声を有償で販売している同人サークルも存在します。

おすすめのASMR動画を見つけるために

今回の記事をまとめると、次のようになります。

  • 好きな音を見つける
  • 好きな投稿者に出会う
  • 他のおすすめまとめのウェブサイトを見る
  • 「ASMR」以外のキーワードで調べる
  • YouTube以外のサイトで検索する

最後に、筆者が好きなASMR動画の中から1つご紹介します。
動画を観るときだけでなく、作るときにも勇気をもらえます。

「同じ道具を使っても、同じ音になることはありません」

引用元:『私が音フェチ動画を撮り始めた理由。

そもそも、ASMRの”A”は、”Autonomous”の略で『個人差がある』という意味です。
食べ物と同じで、人によって大好物だったりそうでなかったりする動画があります。

だからこそ、自分にとっていいと思える動画を見つけられることを願っています。
(そして、願わくば、その自分にとってのおすすめの動画を教えてくれると、もっと嬉しいです)